Businessweek: Where Headhunters Fear to Tread

久しぶりに、キャリア関連のトピックです。
父から面白い記事があると見せてもらったビジネスウィークの「Where Headhunters Fear to Tread.」
ヘッドハンターの人たちが避ける企業としてあがっていたのが、コカコーラをはじめとする名だたる会社で、その理由が、Financialに偏り過ぎていて、また、若いマネジャーは起業家として必要なスキルをつけずにシニアマネジメントにあがってしまったからだと書かれています。コカコーラ以外では、AT&T, GE, IBM, Intel, HPなどがあげられています。面白いことに、General Mills, AT&T, Intelはキャリアを始めるには最適な場所だというランキングに選ばれていることです。
P.44の最後の段落は非常に示唆深いです。

It’s hard to say how much of an executive’s success is a result of a company muscle and how much reflects individual achievement. Often, the true test is what happens when they leave.


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る