新人オーディションに合格!

またまた自分ネタでごめんなさい... 12月はコンクール三昧&本が2冊出たので、ついつい自分の話が多くなってしまいます。
先ほど発表があり、国際芸術連盟の新人オーディションに合格しました!
音大出身者ではない私が、音大出身者の方々と一緒に評価された結果なので、とってもうれしいです!!!
講評が同封されていたのですが、前回の全日本演奏家協会のコンクールと同様、もう少し表現力を身につけることが課題のようです。
「歌唱力があり音程も正確、表現にも工夫が見られる。もう少し声量が欲しい」「カデンツァがよく決まりよかった。高音がよく出ている。表現力がもう少し欲しいです。」「可憐な感じの透明感のある声質。表現について考えて見てください。 」
以上のような講評をいただきました。のびるためのアドバイスは、本当に貴重です。
4月中旬の新人推薦コンサートに出場することになりました :)
「練習よりも1回の舞台の方が勉強になる」とは、先生のお言葉です。来年は舞台に出るチャンスがあれば、なるべく出ようと思います。チケット売りをがんばらなくては... (笑)皆様、ご協力よろしくお願いします!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る