6月第2週: 相手に賛成・反対する

6月の第2週は、電話会議で「相手の意見に賛成・反対する」ときの表現を学びます。

“I agree with you on … “(…について賛成します)や”I don’t agree with you on … “(…については賛成しかねます)を使って、賛成・反対を表す文を書いてみましょう。

 

MondayI agree with you. (あなたに賛成です。)

TuesdayI can support that. (私はそれを支持します。)

wedI see what you mean. (おっしゃることは分かります。)

ThurI’d like to share another way of looking at this. (別の視点を提示したいです。)

fridayI have a different perspective on this. (これについて違った見解を持っています。)

SatI don’t disagree with you, but …. (反対するわけではありませんが…)

SunI more or less agree with you, but … (だいたいあなたの意見と同じなのですが…)

土曜や日曜の例のように、こういうあいまいな表現をすることも、実はよくあります。

 

こんなふうにも…

次のように賛成・反対の「度合」を表現する方法もあります。

★ I’m all for the idea. (その考えについて大いに賛成です。)

★ I completely agree with you. (全面的に賛成です。)

★ I agree in principal [on the whole/basically]. (大筋で[概ね/基本的には]賛成です。)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

2015.2.15

思考力Exercise 4: 上司になりきって考える

全体像を見る1つのやり方として、上司の視点で考えてみることです。視点、視座を変えることで、現象が違った景色で見えてきます。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る