8月第4週: コミュニケーションに関する表現

8月の第4週は、コミュニケーションに関する表現です。

voice(はっきり述べる)などのコミュニケーションに関する動詞を使って、文を作ってみましょう。

例) I voiced my opinion on the new medical bill. (私は新しい医療法案について、自分の意見をはっきりと述べた。)

 

MondayShe airs her grievances too often. (彼女は不満を公に口にしすぎる。)

TuesdayI was cajoled into undertaking the job. (私はおだてられてその仕事を引き受けることになった。)

wedHe can expatiate for hours on his hobby. (彼は趣味について何時間でも事細かに長々としゃべることができる。)

ThurShe used to eavesdrop on her boyfriend’s conversations. (彼女はよく彼氏の会話を盗み聞きしていた。)

fridayI don’t know how to broach the subject. (どうやって切り出したらいいかわからない。)

SatDon’t show off!! (自慢しないで!)

SunShe mocked my accent. (彼女は私のなまりを茶化した。)

 

こんなふうにも…

★ It is nothing to brag about. (自慢するほどのことではない。)

★ Don’t go blabbing to your friends. (友達にペラペラしゃべらないでね。)

★ I just gibber away worse than usual when I’m tired. (私は疲れているとき、いつもよりわけのわからないことをぺちゃくちゃと喋りまくる。)

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

2015.1.3

今後求められるジョブ・スキルは?

これからどういうキャリアにすべきか? どんなスキルが必要になるんだろうか? 年末年始のお休み中に、キャリア・プランを考えている人も少なく…

おすすめ記事

  • 2015.1.4

    英語で感情を表現するときによくつかう形容詞(3)

    英語で感情表現をする形容詞には、3つのカテゴリーがありますと、「英語で感情を表現…

  • 2015.1.5

    ビジネス思考を身につけよう!

    論理的思考力(ロジカルシンキング)を磨くことで、もう「思いつき」とは言わせない!提案書と企画書の書き方にフォーカスを当てながら、「ビジネス思考力」を磨き、それと同時に「ビジネス現場」で使われる「ビジネス言語力」を身につけます。

  • 2015.1.24

    英語で本や論文を読む苦痛を減らす事前準備6ステップ

    いくら英語ができるようになっても、英語で文章を読むスピードは、やはり日本語を読むスピードよりも4割減くらい。そこで、長文の英語の本や論文を読む前に、英語を読むのが億劫にならない事前準備をしています。

ページ上部へ戻る