9月第5週:言いにくいことを言う

9月の第5週は、言いにくいことを言うときの丁寧な英語の表現です。

“I appreciate that, but …”(うれしいのですが…)などの表現を使って、言いにくいことを言う時の文を書いてみましょう。

例)I appreciate that, but I do not think I can dink anymore. (うれしいのですが、もうこれ以上飲めそうもありません)

 

MondayPlease forgive me, but I have to leave now. (申し訳ないのですが、帰らなくてはいけません。)

TuesdayI don’t think I can listen to another minute of this.  (これ以上聞けそうもありません。)

wedI find it rather boring. (あまり面白くなかったように思いました。)

 

こんなふうにも・・・

★ I’m rather surprised that you would say such a thing. (あなたがそんなことを言うなんて驚いてしまいます。)

★ I don’t know how much longer I can put up with him. 彼にあとどのくらい我慢できるか分からないわ。

 

嫌なことをされたときに、「やめてほしい」という気持ちを、丁寧に、しかし、確実に伝えるときに使えるフレーズです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  • 2015.1.5

    ビジネス思考を身につけよう!

    論理的思考力(ロジカルシンキング)を磨くことで、もう「思いつき」とは言わせない!提案書と企画書の書き方にフォーカスを当てながら、「ビジネス思考力」を磨き、それと同時に「ビジネス現場」で使われる「ビジネス言語力」を身につけます。

  • 2015.1.20

    イディオムは、動詞のバリエーションではなく、個別の動詞と捉えたほうがいい

    日本語と英語では、動詞句の捉え方が違うので、日本語の考え方から切り離して捉えるのがポイントです。

  • 2015.1.18

    全体像を捉える

    論理的思考力(ロジカルシンキング)を使った提案力を磨くには、全体像を掴むことが不可欠。女性が苦手な全体像の掴み方を学んでいきます。

ページ上部へ戻る