書評:英語のお手本

最近、仕事で英語を多く使う友人たちの間で話題の本が、マヤ・バーダマン著の「英語のお手本」-そのままマネしたい「敬語」

 

以前、キャリアアップEnglishダイアリーの「英語の敬語を身につけよう!」でも紹介した英語の敬語について、とても分かりやすくまとまっているだけでなく、ビジネスの現場(特にメールを書くときに)で「これってどう書くんだっけ?」と悩んだときに参考書的に使える1冊。英語のメールを多く書く人は、机の上に1冊あるととっても便利だと思います。

 

特に、P28-30に書いてある英単語を格上げする表は必見!

 

個人的には常に持ち歩き、参考にしたい1冊なので、是非、Kindleで出していただきたいと思います。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

2017.8.17

書評:銀翼のアルチザン

中島飛行機を題材にした本のレビューです。『悲劇の発動機「誉」』と併せて読むのをおススメします。

おすすめ記事

  • 2015.1.18

    全体像を捉える

    論理的思考力(ロジカルシンキング)を使った提案力を磨くには、全体像を掴むことが不可欠。女性が苦手な全体像の掴み方を学んでいきます。

  • 2015.3.13

    私の読書術(1):本の内容を効率よく覚える4つのステップ

    年間1000-3000冊の専門書を読んでいるので、「どうやって中身を覚えているの?」とよく聞かれます。効率よく覚えるための4つのステップをご紹介します。

  • 2015.2.1

    思考力Exercise 2: 旅行日程で目標設定と全体像をつかむ

    仕事を進めるうえで大切なのは全体像を把握し、その後で仕事を小さなパーツに分け、効率よく達成していく必要があります。今回は、目的設定をし、全体像を把握する訓練を、旅行プランの全体像を作るエクササイズを通しておこなってみましょう。

ページ上部へ戻る