書評:英語のお手本

最近、仕事で英語を多く使う友人たちの間で話題の本が、マヤ・バーダマン著の「英語のお手本」-そのままマネしたい「敬語」

 

以前、キャリアアップEnglishダイアリーの「英語の敬語を身につけよう!」でも紹介した英語の敬語について、とても分かりやすくまとまっているだけでなく、ビジネスの現場(特にメールを書くときに)で「これってどう書くんだっけ?」と悩んだときに参考書的に使える1冊。英語のメールを多く書く人は、机の上に1冊あるととっても便利だと思います。

 

特に、P28-30に書いてある英単語を格上げする表は必見!

 

個人的には常に持ち歩き、参考にしたい1冊なので、是非、Kindleで出していただきたいと思います。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

2015.1.24

英語で本や論文を読む苦痛を減らす事前準備6ステップ

いくら英語ができるようになっても、英語で文章を読むスピードは、やはり日本語を読むスピードよりも4割減くらい。そこで、長文の英語の本や論文を読む前に、英語を読むのが億劫にならない事前準備をしています。

おすすめ記事

  • 2015.1.5

    ビジネス思考を身につけよう!

    論理的思考力(ロジカルシンキング)を磨くことで、もう「思いつき」とは言わせない!提案書と企画書の書き方にフォーカスを当てながら、「ビジネス思考力」を磨き、それと同時に「ビジネス現場」で使われる「ビジネス言語力」を身につけます。

  • 2017.8.17

    書評:銀翼のアルチザン

    中島飛行機を題材にした本のレビューです。『悲劇の発動機「誉」』と併せて読むのをおススメします。

  • 2015.4.5

    思考力Exercise9: 分野の掛け合わせで生み出す

    発想力は、無から生み出す場合と、あるものから作り出す場合の2つの方法があると書きましたが、私が最も得意としているのは、違う分野同士の掛け算をすることで新しい企画を作り出していく方法です。

ページ上部へ戻る