クマのプーさんの著者A・Aミルンの言葉

Winnie-The-Pooh-14“I think we dream so we don’t have to be apart for so long. If we’re in each other’s dreams, we can be together all the time.” - A.A. Milne

長く離れ離れにならなくてもいいように、夢をみるんだと思うな。もし、ぼくたちが互いの夢の中にいられれば、いつでも一緒にいられるから。 ― A・Aミルン

イギリスの童話作家、A・Aミルンが書いた「クマのプーさん」。

 

殺伐とした気持ちの日に読み直してみると、プーさんが森の仲間たちと過ごす日々の言葉に、癒されます。

 

四年前の震災の時に預かった3人の子供の一番下の子に、何度か読み聞かせをした本なので、3.11の近辺になると、なんとなくこの本の存在を思い出します。

 

親と離ればなれになってしまった子供に、この本を読むのはどうなのかな?と思ったこともありましたが、優しい絵と優しい言葉に、子供は結構喜んで、読んで、読んでとせがまれたことも思い出します。そして、この一文で、彼女ではなく、私が泣きだしてしまうという大失態をおかしたわけですが、ただただ泣く私に、ぴったりくっついてきて、「大丈夫」と言ってくれた子供の優しさも思い出します。

 

そんな複雑ないろいろな思いが詰まった本ですが、あらためて読み返すと、本当に優しい言葉がいっぱい詰まっています。また、原文では、プーさんが意外とたどたどしい言葉づかいで、それもなんとも子供っぽくて、とっても好きです。

 

非常にやさしい英語なので、原著で是非読んでみてください。特に、kindle版の挿絵はフルカラーなので、そちらがおススメです!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

2015.2.15

思考力Exercise 4: 上司になりきって考える

全体像を見る1つのやり方として、上司の視点で考えてみることです。視点、視座を変えることで、現象が違った景色で見えてきます。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る