3月第5週:人を紹介してみよう

3月の第5週は、「人を紹介する」です。

 

 まず紹介する人の名前をいい、その人の立場や役職などを説明します。”I’d like to introduce X. He/She is responsible for …” (Xさんを紹介します。彼[彼女]は、…の責任者です)の形で紹介してみましょう。

 

MondayHave you two met? (お二人は面識がありますか?)

TuesdayI’d like you to meet my manager, Mr. Kimura. (私の上司の木村をご紹介します。)

wedI’d like to introduce Mr. Kimura. He is responsible for Marketing. (木村を紹介します。彼はマーケティングの責任者です。)

ThurIt is with great pleasure that I introduce X, the CEO of our company. (CEOのXをご紹介させていただきます。)
相手が重要な人で、格式ばった丁寧な紹介が必要な時に使う表現です。

fridayThis is Mr. Y. (こちらはYさんです)

反対にカジュアルな場合は、このようなシンプルな言い方で構いません。

SatLet me introduce you to the new head of the marketing department. (マーケティング部の新しい責任者をご紹介します。)

SunThere is someone I think you should meet. (あなたに会ってもらい人がいます。)
誰かを紹介したいときに切出すときに使います。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

2015.2.15

思考力Exercise 4: 上司になりきって考える

全体像を見る1つのやり方として、上司の視点で考えてみることです。視点、視座を変えることで、現象が違った景色で見えてきます。

おすすめ記事

  • 2015.2.6

    複数の英英辞書を一括検索する方法

    複数の英英辞典をどう使い分け、どう一括検索しているのか? 英英辞典を使うべき人とそうでない人を選別する方法など、英英辞典についてご紹介いたします。

  • 2015.1.18

    全体像を捉える

    論理的思考力(ロジカルシンキング)を使った提案力を磨くには、全体像を掴むことが不可欠。女性が苦手な全体像の掴み方を学んでいきます。

  • 2015.4.5

    思考力Exercise9: 分野の掛け合わせで生み出す

    発想力は、無から生み出す場合と、あるものから作り出す場合の2つの方法があると書きましたが、私が最も得意としているのは、違う分野同士の掛け算をすることで新しい企画を作り出していく方法です。

ページ上部へ戻る