思考力エクササイズ: 気づく力を養う

突然ですが、クイズです。

コンビニのセブンーイレブンのロゴを書いてください。

 

セブン―イレブンなんて毎日通るから簡単……と思ったけど、どんなだったっけ? というリアクションをされる方が少なくないのではありませんか? 講演でよくこの質問をするのですが、正確に答えられる人は意外と少なく驚いたものでした。

 

答えは、7ELEVEnです。 nが小文字なのです。”n”が小文字の理由をWikipediaには「7-ELEVEnの最後のnが小文字である理由は『7ELEVEN』として登録を行った際、″単なる数字では商標として認められない″と言われたからである、という説がある。だが、実際のところロゴが生まれたのが大昔だったため、セブン―イレブン側もよくわからないと言っている」と書かれています。

 

絵: かたぎりもとこ

絵: かたぎりもとこ

実は私もコンビニ関係の仕事をするまで、セブン―イレブンのnが小文字なことも、ローソンの看板にstationと書かれていることも、ファミリーマートの「あなたと、コンビに」の「に」がひらがなだったことも気づいていませんでした。仕事をするようになってから細かいところに目がいくようになったのです。

 

物事に気づく力が、「これ面白いな」「これはなんでだろう」と発想の源となっていきます。気づきの場面をどれだけ多くつくることができるか。それが企画力を伸ばす力になるのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

2015.1.24

英語で本や論文を読む苦痛を減らす事前準備6ステップ

いくら英語ができるようになっても、英語で文章を読むスピードは、やはり日本語を読むスピードよりも4割減くらい。そこで、長文の英語の本や論文を読む前に、英語を読むのが億劫にならない事前準備をしています。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る