英語単語で最初に覚えるべきは、24の基本動詞

associe-english-cover2014年3月10日に発売された日経ビジネスアソシエ2014年4月号[絶対使える英語」に、「ミリオネーゼの「10倍速でモノにする多言語習得術」でご紹介いただいた時に、基本動詞と高頻出単語から覚えるのが、多言語習得のポイントの1つと紹介しました。

英語の基本動詞は以下の24個です。私の周囲にいる多言語を操る友人たちと議論を重ねて出した結果の24単語なので、かなり使えると思いますよ!

 

  • Be
  • Call
  • Come
  • Do
  • Find
  • Get
  • Give
  • Go
  • Have
  • Help
  • Hold
  • Keep
  • Leave
  • Let
  • Make
  • Put
  • Run
  • Say
  • See
  • Start
  • Take
  • Think
  • Want
  • Work

たったのこれだけ!ほとんど中学の最初で学んだ動詞ではないでしょうか?

実は英語は、日常会話を33%理解するには25単語、59%理解は100単語、89%は1000語、95%は3000単語、ネイティブの大人は2万語の語彙だそうです。

意外と少ないんです!

まずは、この基本24動詞を日記で使ってみてくださいね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

2015.1.24

英語で本や論文を読む苦痛を減らす事前準備6ステップ

いくら英語ができるようになっても、英語で文章を読むスピードは、やはり日本語を読むスピードよりも4割減くらい。そこで、長文の英語の本や論文を読む前に、英語を読むのが億劫にならない事前準備をしています。

おすすめ記事

  • 2015.3.26

    私の読書術(2):手を抜いて年間800冊の本を理解する

    積読ばかりで「早く読まなきゃ」とストレスをためるよりも、手抜きをしながら、本の内容を身に付ける「サマリー」を活用した読み方をしてみませんか?

  • 2015.1.5

    ビジネス思考を身につけよう!

    論理的思考力(ロジカルシンキング)を磨くことで、もう「思いつき」とは言わせない!提案書と企画書の書き方にフォーカスを当てながら、「ビジネス思考力」を磨き、それと同時に「ビジネス現場」で使われる「ビジネス言語力」を身につけます。

  • 2015.4.5

    思考力Exercise9: 分野の掛け合わせで生み出す

    発想力は、無から生み出す場合と、あるものから作り出す場合の2つの方法があると書きましたが、私が最も得意としているのは、違う分野同士の掛け算をすることで新しい企画を作り出していく方法です。

ページ上部へ戻る