イディオムは、動詞のバリエーションではなく、個別の動詞と捉えたほうがいい

2015年1月6日に「英語単語で最初に覚えるべきは、24の基本動詞」について書きました。その後、読者の方から、以下の質問を頂きました。

「put」や「take」などは、「away」などの副詞と一緒に使われ、イディオムとなりますが、それらは動詞のバリエーションとして考えたらいいのですか?

私は、動詞のバリエーションとしてではなく、個別の動詞として捉えて覚えたほうがいいと思います。

日本語の動詞句は、原義を大きく超えることは少ないのですが、英語の場合、動詞に副詞的前置詞が続く場合、文脈によって意味が変わってしまうため、「個別の動詞」として捉えたほうが、動詞を適切に使いこなせるようになると思います。

 

例えば、英語の「put」で考えてみましょう。

put down には、下に置く、下ろす、書きつける、こき下ろす、恥をかかせる、電話を切る、赤ちゃんを寝かす、(飛行機を)着陸させる、(乗客を)降ろす、(傘を)たたむ、保存する、(反乱を)鎮圧する、(動物を)安楽死させる、(頭金)を支払う などの意味があります。

 

どれを意味しているのかは、前後の文脈から読み解きます。例えば、He put the phone down. であれば、「電話を切った」という意味であることが分かります。例えば、Please put down an address.であれば、「書き留める」という意味であることが分かります。

 

日本語で考えた場合、「立つ」という動詞には、飛び立つ、成り立つ、燃え立つ……などの動詞句がありますが、もともとの「立つ」の意味から類推できます。

 

従って、日本語ではバリエーションと捉えられるものでも、英語ではバリエーションとして捉えるのではなく、別物として考えたほうがいいと思います。

動詞と結びつく以下の単語は、別の意味になるかも?と注意する必要があります。 よく使うものに関しては、基本動詞と共に、イディオムとして覚えてしまうのがいいでしょう。

about, across, along, around, at, away, back, before, by, down, for, forth, forward, from, in, of, off, on, out, over, through, up, with

 

これらを動詞とうまく使いこなせるようになると、英語の表現の幅がぐんと広がると思いますよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

2015.1.24

英語で本や論文を読む苦痛を減らす事前準備6ステップ

いくら英語ができるようになっても、英語で文章を読むスピードは、やはり日本語を読むスピードよりも4割減くらい。そこで、長文の英語の本や論文を読む前に、英語を読むのが億劫にならない事前準備をしています。

おすすめ記事

  • 2015.2.6

    複数の英英辞書を一括検索する方法

    複数の英英辞典をどう使い分け、どう一括検索しているのか? 英英辞典を使うべき人とそうでない人を選別する方法など、英英辞典についてご紹介いたします。

  • 2015.1.25

    思考力Exercise 1: オリエンテーリングの発想を使う

    論理的思考力(ロジカルシンキング)を使った提案力を磨くには、全体像を掴むことが不可欠。女性が苦手な全体像の掴み方をオリエンテーリングの発想を使って学びます。

  • 2015.2.1

    思考力Exercise 2: 旅行日程で目標設定と全体像をつかむ

    仕事を進めるうえで大切なのは全体像を把握し、その後で仕事を小さなパーツに分け、効率よく達成していく必要があります。今回は、目的設定をし、全体像を把握する訓練を、旅行プランの全体像を作るエクササイズを通しておこなってみましょう。

ページ上部へ戻る