トリコロール 青の愛

Trzvkolory_thumbクシシュトフ・キェシロフスキが、フランス国旗に用いられている青、白、赤の色をモチーフに作り上げた3部作「トリコロール」の1作目。 著名な作曲家の夫と幼い娘を事故で失ったジュリーの絶望から再生を描いています。
夫の未完の作品を夫の長年のパートナーで彼女を愛しているオリビエと作り上げて行く過程で、彼女自身がゆっくりと静かに再生していくのですが、あまりに淡々としすぎていて、悩んでいたり、苦しんでいるのだろうけれど、人からは理解してもらえにくいのだろうなぁと思いました。3部作の中で一番賛否両論あるといわれる作品のわけはこの辺にありそうです。
全編で使われているジュリーの悲しみと困惑に満ち溢れた心を表現しているかのようなブルーグレーの映像と、映画の終盤で使われている「コリント人への第一の手紙」の「愛の賛歌」が引用された合唱が、彼女の静かな静かな再生を表現していて、心に染み入りました。
「コリント人への第一の手紙」は、NHKの連続ドラマ「はねこんま」で斉藤由貴が一生懸命英語を勉強するときに出てきたことが、教会の聖書のクラスよりも強烈に記憶に焼きついています。はねこんまの主人公が慕う先生から「愛の賛歌」を英語で教えてもらい、英語の落ちこぼれから優等生になっていくシーンを今でも覚えています。
青の愛では、たぶんギリシャ語の原典を利用していて、フランス語の字幕が出ているのですが、英語のイメージが強すぎて、フランス語の字幕を見ながら、英語が出てきてしまいました。映画を見終わっても、頭の中でフレーズが回っています。

If I speak in the tongues of men and of angels, but have not love, I am a noisy gong or a clanging cymbal.
And if I have prophetic powers, and understand all mysteries and all knowledge, and if I have all faith, so as to remove mountains, but have not love, I am nothing.
If I give away all I have, and if I deliver my body to be burned, but have not love, I gain nothing.
Love is patient and kind; love is not jealous or boastful.
It is not arrogant or rude. Love does not insist on its own way; it is not irritable or resentful.
It does not rejoice at wrong, but rejoices in the right. Love bears all things, believes all things, hopes all things, endures all things.
Love never ends; as for prophecies, they will pass away; as for tongues, they will cease; as for knowledge, it will pass away. For our knowledge is imperfect and our prophecy is imperfect; but when the perfect comes, the imperfect will pass away.
When I was a child, I spoke like a child, I thought like a child, I reasoned like a child; when I became a man, I gave up childish ways.
For now we see in a mirror dimly, but then face to face. Now I know in part; then I shall understand fully, even as I have been fully understood.
So faith, hope, love abide, these three; but the greatest of these is love.

総合評価:★★★★☆

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る