論理力を鍛える

絵: かたぎりもとこ

絵: かたぎりもとこ

どれほどいいアイディアが出てきても、どれほど本質をついている問題提起ができようと、それを論理的に伝える能力がなければ、誰かに理解してもらうことはできません。

 

思考力Exercise 1: オリエンテーリングの発想を使う」のところでも書きましたが、私もアイディアが思いつきに聞こえたり、たとえいいアイディアだと思ってもらえたとしても一生懸命説明している最中に話が大きく飛んで、「で、結局なんでそれがそんなにいいんだっけ?」と何度も聞き返された挙句、「もうちょっとわかりやすく整理してから持ってきてね。Nice tryだよ」と理解してもらえなかったり、論理的に物事を伝えるのは本当に苦手でした。

 

 

芸術の才能と違って、論理的に伝えるという技術は実は生まれながらに持っているものではなく、誰でも身につけられるものです。

 

 

ここまでにご紹介した提案力発想力を論理的に伝えるための技術をご紹介します。

 

論理力を鍛えるでご紹介予定の内容は次のとおりです。

  • 漏れなく、ダブりなく、ずれなく、考える技術
  • ロジックツリーを作る技術
  • ピラミッド構造
  • フレームワークを活用しよう
    • 5W2H
    • 事業の現状分析の3C+1C
    • マーケティングの4P
    • ビジネスプロセス
    • 消費者の購買心理プロセス
  • もっと勉強したい人のための参考書リスト

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

2015.1.24

英語で本や論文を読む苦痛を減らす事前準備6ステップ

いくら英語ができるようになっても、英語で文章を読むスピードは、やはり日本語を読むスピードよりも4割減くらい。そこで、長文の英語の本や論文を読む前に、英語を読むのが億劫にならない事前準備をしています。

おすすめ記事

  • 2015.2.15

    思考力Exercise 4: 上司になりきって考える

    全体像を見る1つのやり方として、上司の視点で考えてみることです。視点、視座を変えることで、現象が違った景色で見えてきます。

  • 2015.1.25

    思考力Exercise 1: オリエンテーリングの発想を使う

    論理的思考力(ロジカルシンキング)を使った提案力を磨くには、全体像を掴むことが不可欠。女性が苦手な全体像の掴み方をオリエンテーリングの発想を使って学びます。

  • 2015.4.5

    思考力Exercise9: 分野の掛け合わせで生み出す

    発想力は、無から生み出す場合と、あるものから作り出す場合の2つの方法があると書きましたが、私が最も得意としているのは、違う分野同士の掛け算をすることで新しい企画を作り出していく方法です。

ページ上部へ戻る