BLOG

ブログ

Rscn1284「いつか東京オペラシティで歌えるようになりたい」と言い続けていた夢が叶い、昨日、東京オペラシティのリサイタルホールで「オペラに乾杯っ!!」のコンサートに出演しました。ベテランの皆様と一緒に歌わせていただいたコンサートで、ひよこの私も冒険できた、とっても楽しいコンサートでした。
いつも来てくれている親友の勝間和代さんと柏惠子さん。本にもよく出てくる2人に囲まれて、そして、たくさんの花束に囲まれたショット。いつもすごいスピードで写真を送ってきてくれる柏さん、ありがとうございます!!
90名近い同僚/知人/友人/親戚/家族が来てくれた今まででも一番お客様の多いコンサートで、お客様に恵まれたコンサートで、とても幸せです。
昨日に備えてコンディションを最高に持って行こうとがんばっていましたが、やはり、何がおこるか分からないのが舞台だなぁ〜と、改めて思います。「着飾ってきらびやかに」「オリンピアのアリア」は自分でも過去最高の出来だと思います。カデンツァが決まって、よっしゃ〜〜と、思ってしまいました(笑) 「宝石の歌」もかわいく歌えて、最後までM先生にお願いしてフランス語の特訓をしてもらった成果が出て、ほっとしました。今回チャレンジした「愛してる」。私としては、まだまだ磨ける作品だと思いましたが、後数回舞台で歌えば持ち歌にできるんだろうと手応えありました。昨夜、読者の方でコンサートにいらしてくださった方からのメールで、「少女に見えた」とおっしゃってくださった方がいて、すごく嬉しかったです。
問題はヘンデル。やはり、これだけ軽い声だと、ヘンデルのようなじとーっと歌う曲は苦手。しかも、最初の曲の緊張で声がかすれそうになり、無理矢理歌うという(分からない人も多かったから大丈夫と先生に言われましたが)、かなり無理して歌った曲でした。この辺り、まだまだ改善の余地ありで、ビデオを見ながら反省会をしようと思っています。
今回は、観客の皆様に支えていただいた!と思った舞台でした。トリフォニーのときと違い、段差があまり無い舞台で歌ったためでしょうか。お客様がとっても近くて、一人一人の顔がはっきり見えて、カデンツァを決める時は、一緒にうなずいてくださったり、にっこり笑って励ましてもらったり。皆様に来ていただけて、そして、歌を一緒に作っていただけて、本当に嬉しい舞台でした。皆様、ありがとうございます。
終了後、連盟の方からソロリサイタルのお話を頂きました。ソロを歌えるようになるには、まだまだ準備が必要ですが、今後の目標としてがんばっていきたいと思います。
今年は発表会に出るだけで、大きなものは今回で終了です。来年に向けて、また歌い込んでいきますので、ご支援よろしくお願い致します。


関連記事一覧